雑貨屋さんのラッピングとPOP。雑貨店と雑貨売場 -雑貨販売のツボ 7

Sponsor
雑貨屋さんのPOP例1雑貨販売のツボ
撮影協力:spacejoy 売れる雑貨屋さんより

雑貨屋さんならではの販促ツール

新聞連載「富本雅人の雑貨販売のツボ7」ラッピングとPOP

どちらかといえば、あっさりとした接客が主流の雑貨販売。だが、人気のある店舗には、その淡白な接客を補ってあまりある、お客様の心に訴えかける仕掛け(販促手法、ツール)がある。

雑貨屋さん、雑貨売場のPOPのルール

雑貨屋さんのPOP例2

撮影協力:spacejoy 売れる雑貨屋さんより

POP(ショーカード他)*は雑貨売場のキモ。セルフチョイスが中心の雑貨販売においては、価格、使い方などをスタッフに替わって雄弁に語ってくれる頼みの綱の“販売員”だ。

POPは「手書きでないと」、「凝った名文でないと」「苦手だ…」などいろんな思い込みが先行してしまいがちだが、まずは自店のコンセプトや商品に合ったスタイルを考えたい。

例えば手頃な価格の若者向けのにぎやかな雑貨売場。欧米ブランドのスタイリッシュな雑貨商品を扱う店舗。前者は手書きで楽しく親しみやすい表現。後者はモダンで知的な表現がマッチするだろう。

用紙、画材(PC使用か否かも)、サイズの展開、表現内容(文体、箇条書きか長文か)を決め、統一感をもたせる。商品単体のPOPの内容は、商品名、価格、生産国、ブランド等の基本情報に加え、その商品の新たな使い方の提案、感想(お客様やスタッフの)、商品背景、蘊蓄(うんちく)などを伝えることが効果的。

もちろん制作にかける手間も忘れてはいけない。制作に時間がかかりすぎて、接客販売がおろそかになるようでは本末転倒だ。

*POPとは:point of purchase(advertising)の略。購買時広告。店内でのポスター、添付チラシ、商品や陳列什器(店内の家具。棚やテーブル、ケース)に添えられたカード状の広告のこと。編集提案したコーナーの解説やキャッチフレーズ。単体の商品説明、価格表記カードなどのこと。ショーカード(商品解説)、プライスカード、告知POP、案内POPなど。

関連ページ(雑貨の学校)

雑貨屋さんのPOP/手書きか否か?それが問題 | 雑貨屋さん開業,経営,就職【雑貨の学校(R) WEBLOG】
□「えっ、手書きがあたりまえでしょ」と彼女ある企業(非物販)の雑貨店開業準備の会議。近々、はじめての物販事業=生活雑貨ショップをオープンする予定です。その店舗計画もほぼ決定し、今日の会議はPOPの内容とその制作方法がテーマ。 *P

ラッピングの工夫とフォーマル対応

現在、雑貨店では「袋入れ」の簡単な包装が主流。比較的、中低単価な商品が多いため、自宅用(自分使い)のお客様に了承していただきやすいことと、省資源目的の簡易包装に対する理解が広く浸透していることが理由。今後もこの傾向は大きく変わらないだろう。

雑貨屋さんラッピングの例

一方、「雑貨屋さん」ならではの、こだわりの包装、ギフトラッピングを楽しみにしているお客様も多い。例えばハワイ雑貨店のハイビスカスの造花をあしらった華やかなラッピング。アンティーク調の雑貨店のワックスペーパーの味のあるラッピングなど、アイディアや工夫にあふれた独特の雑貨屋さんらしいラッピングが好評である。

印象に残るラッピングは時に店の有能な宣伝マンとなり、来店の動機に繋がる。プレゼントを買う時に洒落たラッピングの店を選びたいのは誰しも当たり前の感情だろう。

また、最近では気軽なプレゼント(カジュアルギフト、プチギフト)だけでなく、フォーマル(冠婚葬祭、中元歳暮など)なギフトに雑貨売場の商品を選ぶケースも増え、その要望に応えられるよう、贈答作法を踏まえた包装を行う雑貨店も目立つ。

店頭や商品陳列(VP)のアクセントとして、ラッピングの見本を展示して、自店のラッピング方法をアピールするとともに、「そういえば◯◯へのプレゼントが…」「ここではこんな包装をしてくれるんだ」とお客様に気づいてもらう、覚えてもらうことも大変効果的だ。

雑貨屋さん。あなたの商品をギフトで選んでもらうために
雑貨屋さんでのギフト提案は必須。カジュアルなプレゼントをも含むギフト分野を豊穣(ほうじょう)なマーケット、有望なビジネスチャンスと捉え、日々努力を重ねている雑貨店舗、企業はすでにたくさんある。

無料が基本のラッピングだが、その購入目的とラッピングの内容が見合えば、別料金(数百円まで)を惜しまないお客様はたくさんいるということも付け加えたい。ギフトラッピングに関しては無料、有料、または両方のバリエーションなど自店にあういろんな方針(とコスト計算)で、決定すればいいだろう。

雑貨店のレジ袋有料化は

(web追加) レジ袋有料化規制、実施(2020年7月1日)直前の現在(6月28日執筆掲載)、多くの店が対応策を検討済み。コンビニ、スーパーでおなじみのプラスチック製のレジ袋(持ち手付き)を、有料とする、という国の規制。全ての小売店が対象。有料化対象のレジ袋を使っている使っていないを問わず、この機会に自店のラッピングの仕様やコストと手間を整理点検する店が少なくない。

例として、

自宅用、ギフト用包装ともに無料→ギフト包装は有料

自宅用は無料→有料(有料化対象外も)

ギフト用有料→見直して金額を値上げなど

自店の粗利益(儲け)に対しての資材コストのバランスや作業効率を踏まえて設定したい。

富本雅人

(雑貨コンサルタント/グループオンザリビング)

繊研新聞2010年5月25日掲載分に加筆修正

はじめる雑貨屋さんにも詳しく

拙著「新版はじめる雑貨屋さん」にも詳しい説明があります。

はじめる雑貨屋さん抜粋

POP、ショップバッグ、ラッピング、販促ツールをつくろう

SP(SalesPromotion ) とは、販売促進のこと。ショップにおける集客アップ、売上狐大のための業務のことで、より多く売るための仕掛け、仕組みを指す。

ここではショップ内で使用する消耗品( POP 、プライスシール、ラッピング用品)、備品などをSP ツールと定義し、考えていく。

良いSPツールとは、まず機能的であること。この他に、丈夫で長持ちす る(強度がある) か、読みやすいか、扱いやすいかを考えよう。加えて、ショップのイメージ、コンセプトに合うデザイン、スタイルであることも重要だ。もちろん、コス卜面にも気をつけたい。

POP もスタッフの一員

POP (Point Of Purchase :購買時広告) は、「物言わぬスタッフ」と呼ばれる。それは店内で商品やショップの各種情報をスタッフに代わってお客様に伝える役割を担っているからだ。

具体的には、ショーカード(商品説明) 、プ ライスカード(価格表示)、店内告知( お知らせ) などで、そのどれもがお客様に対して、商品やショップの情報を伝える役割を果たす。

○案内サイン
コーナ一、商品、各種サービスなどを案内するためのもので、お客様をスムーズに誘導することが目的。売り場、コーナー単位での表示が基本だが、広めのショップでは全体のレイアウ卜図なども有効だ。

○プライスカード
すべての商品に関して添付することが前提。金額の「わかりやすさ、読みやすさ」が必須。見間違えやすい、読みにくいものは厳禁。

○プライスシール、値札
こちらも正確さ、読みやすさを心がける。プレゼントの場合、シールを……

はじめる雑貨屋さんより

「はじめる雑貨屋さん」雑貨屋開業ノウハウの99%がわかる本の著者サイト
【はじめる雑貨屋さん著者公式ページ】雑貨店を開業する人のバイブル。2004年の発刊より多くの方に購読されています。企画、仕入れ、店舗デザイン、予算、経費、売上、接客…たくさんのノウハウが網羅されています。「新版はじめる雑貨屋さん-ムリなくムダなくできる開業の成功ルール」の概要を著者自身が記しています。
「売れる雑貨屋さん」雑貨店経営成功のコツが9割わかる本 著者サイト
【売れる雑貨屋さん著者公式ページ】雑貨店を経営する人の虎の巻。2007年の発刊より多くの方に購読されています。売上拡大、ブランディング、接客力向上、仕入れ交渉、販売促進、スタッフ教育…たくさんのコツとワザが満載です。「売れる雑貨屋さん-ムリなくムダなく続けるショップ運営の成功ルール」の概要を著者自身が記しています。

「雑貨販売のコツ」バックナンバーは

1ー5回目までは他社サイトnote.com「ZakkaSchool 雑貨の学校 雑貨ビジネスを応援(期間限定)」に投稿

その雑貨はお客様を呼び込むのか?-雑貨販売のメリット-|ZakkaSchool 雑貨の学校 雑貨ビジネスを応援|note
「富本雅人の雑貨販売のツボ その1」  -雑貨コンサルタントのおせっかいな提案- はじめまして/自己紹介 雑貨ビジネスのコンサルティングを仕事にしている富本雅人です。 メーカーやデザイン事務所で雑貨のデザイン企画を担当後、渋谷ロフト(1号店)の開業準備室〜バイヤーを経て、専門学校の講師&コンサル...
あの雑貨売場のコンセプト -雑貨を売ることはストーリーを売ること-|ZakkaSchool 雑貨の学校 雑貨ビジネスを応援|note
「富本雅人の雑貨販売のツボ その2」  -雑貨コンサルタントのおせっかいな提案- 1.雑貨販売のメリットより続く 好み優先は危険! 雑貨のセレクト 本業の商品分野(ファション商品など)では冷静沈着な辣腕担当者でも、雑貨を取り入れる際に個人的な好みを優先しすぎたり、時には「簡単」と見くびって失敗す...
誰のための雑貨?-あなたのお客様の生活や嗜好を考える-|ZakkaSchool 雑貨の学校 雑貨ビジネスを応援|note
「富本雅人の雑貨販売のツボ その3」  -雑貨コンサルタントのおせっかいな提案- 2.あの雑貨販売のコンセプトより続く あの雑貨売場のコンセプト -雑貨を売ることはストーリーを売ること-|富本雅人 雑貨ビジネスを応援|note「富本雅人の雑貨販売のツボ その2」  -雑貨コンサルタントのファ...
そんな雑貨店の品揃えの不思議-個性的な雑貨の編集で強いアピール–|ZakkaSchool 雑貨の学校 雑貨ビジネスを応援|note
「富本雅人の雑貨販売のツボ その4」  -雑貨コンサルタントのおせっかいな提案- 3.誰のための雑貨?から続く 売場づくりの実際 前回までは、ファッション店で雑貨商品を取り扱うことのメリットやビジネステーマ、ターゲット設定等のポイントに関して述べた。それらを踏まえ、今回からはさらに具体的な雑貨商品の導入、運...
雑貨をどこで仕入れる? 雑貨屋さん、雑貨売場-毎日が雑貨探し– 仕入先情報公開…………しません。雑貨販売のツボ5|ZakkaSchool 雑貨の学校 雑貨ビジネスを応援|note
「富本雅人の雑貨販売のツボ その5」  -雑貨コンサルタントのおせっかいな提案- 「せめて見本市に足を運んで仕入先を探すのがプロとしてのプライド。インターナショナル・ギフト・ショー東京89th会場俯瞰」写真キャプション 4.そんな雑貨店の品揃えの不思議より続く 雑貨商品を扱おうとしている他分野の小...
陳列、ディスプレイ、VMD、棚割。雑貨屋さんと雑貨売場 -雑貨販売のツボ6
雑貨屋さん、雑貨売場の効果的な商品陳列、ディスプレイのコツと考え方。季節感と新鮮さを創りだす/雑貨のサイズ、形は様々/雑貨屋さんは探す喜びも魅力/雑貨で五感にアピール/多店舗のチェーン店は棚割表で統一/雑貨力にも詳しく/用語VMD、VP、PP、IPの解説
雑貨屋さんのラッピングとPOP。雑貨店と雑貨売場 -雑貨販売のツボ 7
【雑貨販売のコツ】雑貨屋さんならではのラッピングとPOPなど販促方法と各種ツール/雑貨屋さん、雑貨売場のPOPのルール/ラッピングの工夫とフォーマル対応/ギフトラッピングは華やかさが魅力/雑貨店のレジ袋有料化は
雑貨屋さん接客、雑貨商品の売り方のポイント -雑貨販売のツボ 8
【雑貨屋さん接客と作業事情】雑貨屋さん。お客様への接客は/雑貨屋さん。コロナ禍における接客/雑貨店スタッフの作業時の立ち居振る舞い/どうぞご自由に、ご存分に/接客7大用語 雑貨屋さんでも使う
タイトルとURLをコピーしました